お知らせ
多様な薬と水のグラス

子供は、入園前ですとあまり病気をしなくても、保育園に入ったり、幼稚園に入ったりするようになると途端に病気になることが多いです。
それは集団生活を行うようになるからです。
集団生活をするようになってよく見られる病気の1つに、風邪などの感染症があります。
これには、感染源になるウィルスがたくさんあります。
代表的なものはアデノウィルスやヘルパンギーナ、溶連菌感染症などです。
詳しく調べるとその原因を突き止め、そのウィルスに応じた薬を投与することで症状の改善をすることができますが、はじめには風邪と診断されることが多いようです。

次に代表的なのは、インフルエンザではないでしょうか。
これは冬になると集団感染が目立ち始め学級閉鎖などになる感染症です。
またノロウィルスやロタウィルスは胃腸症状の出る感染症ですが、感染力が強いので、注意が必要な病気です。
最近は予防接種も進んできましたが、水痘やおたふく風邪なども学校で一人感染者が出ると、流行りやすい病気です。
またプールの時期には流行性結膜炎と言って目が充血する感染症も流行ります。

皮膚に症状の出る手足口病もあります。
これらの感染症はいろいろありますが、その感染経路は、接触感染、経口感染、空気感染、飛沫感染です。
そのために集団行動を行っていてもうつる子供とうつらない子供がいるように、もしも学校で何か流行っている病気があるならば、マスクを着用したり、手洗いをしっかりする、うがいをまめにするなど個人で対策をとることによって感染を防ぐことができます。
また学校でもこまめに空気の入れ替えをする、教室の掃除を徹底する。
感染が出たら消毒を行うなど対処を行うことで感染を最小限にすることができます。
また、水痘に感染してしまったら、薬で治す方法もあります。

水痘に効く薬で、よく使われているのはバルトレックスがあります。
バルトレックスは水痘だけでなく子供にも多いヘルペスにも効果がある万能薬です。
バルトレックスは子供も服用可能なので、水痘やヘルペスに感染した場合は使用しましょう。

人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ