• ホーム
  • 性感染症であるエイズの皮膚に出やすい症状とイボ

性感染症であるエイズの皮膚に出やすい症状とイボ

危険なウィルス

HIV/エイズとはエイズウイルスに感染した事によって起こる感染症のことです。
正式には「ヒト免疫不全ウイルス」と言い一度感染すると完治する事はありません。
エイズウイルス感染症になり治療せずに放置していくと免疫力が弱くなっていきます。
発症してから数年~10数年経つとなんでもない菌やウイルスによって病気が引き起こされます。

HIVの感染の仕組みはHIVを含む血液や精液、膣分泌液、母乳と言った体液が相手の粘膜部分や傷後に接触する事によって感染します。
前までは血液による感染や母子感染もありましたが医療が発達するにつれて少なくなってきています。
現在一番多い感染経路は性行為による感染です。
あらゆる性行為や避妊器具を使わないで行ったりする場合感染する確率があがります。

エイズウイルス感染症に感染したと診断されるには「エイズ指標疾患」である病気23種類にあてはまるとエイズ発症と診断されます。
この23種類の病気は厚生労働省は定めていますが、日本ではあまり発生しない病気もあります。

エイズに感染するとさまざまな症状が現れます。
中には皮膚に症状が現われる場合もあります。
帯状発疹や口唇ヘルペス、伝染性軟属腫等があらわれます。
帯状発疹や口唇ヘルペスは普通の人でも起こりますが、伝染性軟属腫は基本的小さい子供がかかる病気です。
この病気は水イボともよばれ、HIV感染者の場合大人でも感染します。
症状としては2~5mm程度の米粒ほどの盛り上がったイボができます。
大人でもイボができ、HIVに感染するような行為をしてしまった人は注意が必要です。

エイズは一度感染すると治る事はなく、自身もキャリアとして他の人に感染させないようにする事が必要です。

人気記事一覧